初めての方へサイトマップ個人情報の取り扱い・サービス規約お問い合わせ
パチンコ店舗管理者実務能力検定試験
P能検について
P能検受験案内
データ・各種資料
P能検Q&A
教材
P能検インタビュー
 
 
 
 
 
 
 
 

■ ■インタビュー■ ■
■巴商事株式会社
■スタートラクト株式会社
■有限会社ゆたか
■早稲田大学 創造理工学部 経営システム工学科教授 大野 高裕 氏


有限会社ゆたか
ニューゆたかホール 店長 佐藤 健 氏

2015年 第11回 個人ランキング 第8位

社員の成長を促す刺激に

P能検は、数年前に個人的に自分のレベルを知るために受験しました。教育に有効だと感じ、その翌年には私が管理している店の社員に受けてもらいました。そして、成績を社長に報告したことで、その次の年には他の店舗を含む全社員が受験することになったのです。

P能検の良い点は、年に1度受験することで今の自分にどのような知識が足りないのかを確認できる点です。店で働いていると、日々同じ仕事の繰り返しになってしまいがちです。小規模な店や会社では、実務の指導は行っていても将来に向けた人材育成をシステム的に行うことは難しいものです。それでは社員は成長できません。P能検を受験すれば、科目別で何ができて何ができていないのかがはっきりします。また、受験が決まれば、意欲のあるスタッフは数ヶ月前から勉強を始めます。自主的に勉強しているので、知識が身につきます。セミナーや研修と比較し、試験はコストパフォーマンスに優れています。

 
トップページ P能検についてP能検受験案内データ・各種資料P能検Q&A 教材お問い合わせ会社案内
Copyright © 2005 エンタテインメントビジネス総合研究所. All Rights Reserved.